なんとかなかよく暮らしたい

月曜日に真面目な記事・木曜日におちゃらけた記事を更新予定です

海藻を使った友人に続きバルーンを使った出産でした…この痛みはアレに似ている

海藻:正式名称ラミナリア

バルーン:正式名称メトロイリンテル

 

仲間うちで一番最初に出産したタカナさんは、予定日超過のお産でした。

 

「海藻使ったんだよ!産むときより海藻を入れた時の方が痛かった」f:id:fumikoyamamoto:20180408224119p:plain

という話を(友人の結婚式と二次会の間に)してくれたので、産んだこともない我々はえー海藻、なにそれーと言っていたのですが・・・

 

タカナさんの出産から◯年後、自分のお産も予定日超過となり、タカナさんのような海藻ではなく、バルーンを使うこととなったのでした。

 

海藻とバルーンを分ける分水嶺

陣痛促進剤を投与する前日、バルーン(通称メトロ)を入れられました。その時、妊娠41週4日。生まれる気配まるでなし。

 

友人タカナさんは海藻だったのに、どうして自分はバルーンなのか?気になったのですが

 

海藻:子宮口が全然開いていないひと

バルーン:子宮口がcmくらい開いているひと

 

という使い分けがあるみたいです。そして、海藻は昆布のようです。

バルーンの痛みを何に例えよう

バルーンは、ピンポン玉より少し小さいくらいの球体に、ストローがついたような物体です。

  

子宮口が開けば、メトロは自然に出てきます」と看護師さんに言われました。

 

使用しはじめて数時間後、違和感を感じてお手洗いで確認したところバルーンが出てきていました。「おっ、もう子宮口が開いてきたのか!」と看護師さんを呼んだのですが、「あー、これはまだですねー」と、再びぐいぐいと入れ直されました。

 

この痛みを形容すると

かさぶたのうえからグーで殴られているような、鈍い痛みでした

 

タカナさんは、産む時より海藻を入れた時の方が痛いと言っていました。

 

自分の体感では

陣痛>バルーン>出産時の痛み 

でした。

 

バルーンを入れた時は、頭が出産モードになっていなかったので、ただただ感じの悪い痛みだったなあという記憶が残っています。

バルーンが取れたのを確認したのは、使用から約19時間後

陣痛促進剤を投与する前日の午後にバルーンを入れたのですが、すぐに子宮口が開いてお産という流れにはなりませんでした。あまり、促進剤を使いたくなかったので、バルーンだけでどうにかならないか祈っていたのですが駄目でした。

 

バルーンを入れた翌日の朝に、弱い痛みがきたことを看護師さんに訴えてみたのですが、「まだでしょう」とサラリと言われました。

 

陣痛促進剤を打ってからは、痛みがわんさかやってきました。

 (出産んの痛みについては、母にこういわれていたのですが↓)

fumikoyamamoto.hatenablog.jp

 

一度お昼頃に様子を見てもらって、お医者さんに「今日産みましょう!」と言われた時には、バルーンは取れていたようです。

 

半日以上稼働していたのですね。

 

出産そしてタカナさんからのコメント

分娩台に上ってからは、超スピーディな出産でした。これが、メトロ及び陣痛促進剤の力なのか?

 

タカナさんに、「生まれたよー。海藻じゃなくてバルーンだったよー」と出産報告メールをしたところ

f:id:fumikoyamamoto:20180409184014j:plain

バルーンのことには触れられず。海藻とバルーン同士分かり合おうぜ!と思ったのですが。