なんとかなかよく暮らしたい

月曜日に真面目な記事・木曜日におちゃらけた記事を更新予定です

子どもの名付けに迷いに迷った父が占い師に言われた言葉

今週のお題「自己紹介」

 

そうしてワタシの名前はつけられました。

 

私の父は、スーパーナチュラルな事が大好きで、またそれを素直に信じる質です。

 

マジシャンセロのマジックも、マジックではなく本当の超能力だと(40代にして)信じていました。 

f:id:fumikoyamamoto:20180411023414j:plain

タネも仕掛けもあると伝えた時の父のガッカリした顔を見て、「えっ、本気で信じてたのか」と高校生の私はびっくりしました。(夢を壊してしまい悪いなァとも、若干思いました)

 

仕事では冷徹非道なリアリストなのに、この二面性は何処からきているのだろう。

 

そんな父なので(?)、第一子が生まれた時の名付けにはものすごく悩んだそうです。

 

 「悩み過ぎてノイローゼになりそうだった」(父の弁)

「お父さんの言うことは、10割り増しで聞いた方がいいわよ」(母の弁)

 

確かに父は話をメガ盛りにするきらいがありますが、ギリギリまで悩んだことは確かなようです。

 

候補を絞ったもののどうしても決めかねて、最後の頼みの綱として占い師に聞きにいったところ言われたのは

 

「あなたねー、あなたがそんなに一生懸命悩んでつけてくれた名前ならば、どっちだってこの子は幸せじゃないですか」

 

という言葉でした。

 

私は占いのことは詳しくないですが、いい占い師さんだなと思います。村の長老のような風格を感じます。

 

占い師さんの言葉を聞いて、熱くなっていた父の頭もシューっと冷えて、私の出生届も期限ギリギリに間に合いました。

 

正直、父に対してはどうかと思うところもあるのですが、この話の中の不器用な父の姿を思うと、不覚にも泣きそうになります。

 

自分も、息子の名前をつける時、一人の人間に名を与えるなんて、恐ろしく責任を感じる行為でサブイボが出ました。願わくば、彼が彼の名前を気に入ってくれますよう。

 

父はといえば、あの時頭を冷やし過ぎたのか、第二子の時はあっさり名前を決めたようです。最初の子どもの時は、何事も慎重になるということでしょうか。