なんとかなかよく暮らしたい

月曜日に真面目な記事・木曜日におちゃらけた記事を更新予定です

【国家公務員&国家公務員】官僚同士の結婚式の二次会参加レポート

夫の学生時代の先輩である国家公務員(〇〇省)の人が、同僚の国家公務員(〇〇省)の人と結婚するということで、二次会に参加しました。

 

官僚同士の結婚パーティは、どんな感じなんだろうという、下世話なレポートでございます。

 

ウェディングサイトの投稿で小金を稼いでいた時期があるせいか、①会場②お料理③新郎新婦の様子④ゲストの様子といった観点からの、口コミ投稿風のレポートとなっております。 

 

 

①会場の雰囲気は辛口男前スタイル

結婚式の披露宴の会場も二次会の会場も、都内の一等地に位置する名の知れた所です。一目で「うわっ、お高いわね」とわかるようなゴージャスな建物でした。

 

会場の装飾のトーンは、「ふわふわ・ピンク・甘め」ではなく「モノトーン・シック・辛め」な感じでした。これは新郎新婦の30overという年齢的なものもあるのかもしれないですが・・・ともかくガーリーの対極でした。

f:id:fumikoyamamoto:20181108191839j:plain

結婚式から出席した人によると、会場の荘厳さはもちろん、ドレス・お料理・ブーケすべてにお金が掛かっているのが、一目で見て取れたようです。

 

ウェルカムボード、席次表・メニュー表などのペーパーアイテム、思い出ムービー、プチギフトなど、手作り出来るところも全て委託。(ここは一番の節約ポイントになるはず…)

 

②お料理はコジャレタお肉料理が多め

二次会のお料理は「肉ががっつりと多めで嬉しかった」です(夫談)。レバーのパテ・ローストビーフ・豚肉のソテー・生ハム等々おしゃれなメニューでした。

f:id:fumikoyamamoto:20181108152220j:plain

ウェディングケーキも、一切れが普通サイズのショートケーキの一切れの1.5倍の大きさで、甘党のゲスト(夫)も大満足。お料理の豊かさに対し、ドリンクの種類は少な目でした。

会費:男性8,000円、女性7,000円。

巷には、二次会会費「8,000円の壁」というものがあるらしいですが、会場の立地やお料理の内容、そして二次会であることを考えれば、妥当と言えそうです。

 

③新郎新婦は美男美女でとにかく痩せている

夫の先輩は、見た目が麗しくて頭も良いので学生時代からモテモテでした。そんな理想の高い人が選んだお相手もまた、端正で素敵な方でした。

f:id:fumikoyamamoto:20181108191836j:plain

「固い・真面目そう」という感じではなく、夫婦そろって振舞いがスマートでスタイリッシュ~

 

唯一気になったのは、新郎新婦がガリガリだったことです。お相手の方の元々の痩せ具合はわかりませんが、夫の先輩は「明らかに学生時代より痩せたよなァ」と心配されるレベルでした。激務なのか、この日のために絞ったのか。 

④女性の出席者の着物率が高く、男性の出席者はお堅い印象

参加者の女性は、お着物をお召の方が多かったのが一番驚いたことでした。 割合にすると、参加者の女性の2~3割くらいでしょうか?着物の集団が揃った二次会なんて初めてです。

 

やっぱり国家公務員だから、日本文化を大切にしているのでしょうか。はたまた、レセプション(?)などで着用する機会が多いのでしょうか。

 

出席者の男性は、「真面目そう・勉強が得意そう」といった感じでした。みなさん一様に黒髪で、人のことは言えませんが、色彩的にも地味目な方がほとんどでございました。

 

新郎新婦の同僚の人々が、余興で某アイドルの歌と踊りを披露していたのですが、恥ずかしがっていたため、見ている側が「ぐぬぬ・・・」とむずがゆくなって辛かったです。こういう時は、振り切ってやるしかないんだよなと痛感。

⑤イメージを裏切らない結婚式二次会でした

国家公務員のキャリアの人の結婚パーティともなれば、 「お金がかかってそう・エリートばかり出席してそう・居たたまれなくなりそう」といったイメージを抱いていましたが、わりかしその通りでした。

Q.お金がかかってそう→お金はかかっていた

Q.エリートばかり出席してそう→エリートばかりだった

Q.居たたまれなくなりそう→高圧的な人はいなかった。しかし余興は居たたまれなかった。

⑥国家公務員こぼればなし

以上が、下世話なレポートとなります。お読み下さりありがとうございました。

 

国家公務員こぼればなしとしては、聞くところによると、国Ⅰのキャリアの30代の若手が、国Ⅱの50代の職員をアゴで手荒く使っていることがままあるそうです。

 

最初の入り口で決まってしまうんですね。自分には縁遠い世界ですが、なんとも世知辛いと思いました。