なんとかなかよく暮らしたい

駆け出しWEBライターの妻と、1年間育休を取得した夫と、大食漢の息子のリアルをイラストで記録しています

【7画】出産予定日1か月前、夫の富士山登頂(未遂)が後の不協和音を生む

今年、2018年の富士山登山シーズン(5合目~山頂)は、7月1日~9月10日でした(山梨県側からのルート)。

 

あれは確か妊娠7ヶ月の頃だったでしょうか。夫に「富士山登頂に行ってもいいか」と訊かれました。

f:id:fumikoyamamoto:20180925154032j:plain

 

その頃はまだお腹もそこまで大きくなっておらず、普通に仕事にも行っており、生活に支障もなかった私は、(出産予定日の一ヶ月くらい前やな)とチラリと思ったけれど、「うん、いいよ」と答えました。

 

夫は、以前も別の友人に誘われて「富士山登頂」を予定していたのですが、前日に発熱して断念していました。

 

それをダメというのも野暮だし、1か月前なら大丈夫やろと思っていました。

 

と・こ・ろ・が

 

それから妊娠が進み、お腹がどんどんせり出してくるに従い、私の不安がムクムクと増幅してきました。

 

f:id:fumikoyamamoto:20180925154029j:plain

  • 早産になったらどうしよう
  • 実家も(義実家も)遠いし頼れる人がいない
  • なじみのない土地で友人もいないし心細い

 

 「不安だからやっぱり、やめにしてくれナイ☆」と言えなかった。(二言はなくってよという意地)

 

世の妊婦さんたちは、どうなんだろうと

キーワード:「妊娠中 夫 旅行」

で調べたところ

 

f:id:fumikoyamamoto:20180925154027j:plain

 (お腹を大きく描くのを忘れてしまった)

 

「出産予定日直前に夫が一人で旅行」「妊娠が発覚したのに全然気を遣ってくれない。呑み歩いてばかり」「いきなり勝手に出かけて行って帰ってこない」等々で、憤っている御仁たちの思いを読みました。

 

取り敢えず、「1か月前に旅行に行くんですよ」と怒っている方はいなかった。

 

夫は、数か月前から「行ってもいい?」と訊いてくれている。旅行も、出産予定日の直前じゃない。これは我儘なんだろうかと反省する。でも、モヤモヤする。

 

モヤモヤするので、子持ちの友人に「予定日1か月前に、旦那が友達と旅行に行くんだよー(´;ω;`)」と愚痴ってみました。

 

こすい私は、誰かに、「それってひどいやん」と言って貰いたかったんですよね。

 

f:id:fumikoyamamoto:20180928012629j:plain

でもみんな大人でした。私の気持ちも、夫のことも否定せず。(面倒ごとに巻き込まれたくなかっただけかもしれない)

 

そ・れ・な・の・で

 

夫に訴えてみる

 

f:id:fumikoyamamoto:20180930014423j:plain

「え、今更!?」と夫は言わなかったけれど腹の中では思っていたに違いない。

 

自分のせいで行かないという流れになるのはマズイ(責任回避)

 

さりとて夫に自発的に断って欲しいわけでもない

 

行く・行かないの問答の奥にあるのは、妊娠中のアレコレの積み重ねからくる、不満や不安だったのではないかと、思います。

 

f:id:fumikoyamamoto:20180930014421j:plain

どうも夫にとって、出産は他人事という感じが拭えない。その憤りを、私は夫にうまく伝えられないから、モヤモヤが溜まっていったのだろうか。

 

(夫は夫で、この時「生まれてくる子供をかわいいと思えなかったらどうしよう」と悩んでいたようですが) 

 

「経過が順調なら予定日1か月前の心配は少ないらしいよ」という、夫の悪気のない正論に「ぐぬぬ」と思っているうちに、参加予定者半分以上の都合が悪くなり、富士山登山計画はなくなってしまいました。

 

f:id:fumikoyamamoto:20180928012627j:plain

なんとも言えない気持ちになりました。でもほっとしました。

 

子供を妊娠する前は、我々夫婦は大きな喧嘩は年に数回あるかないかでした。

 

しかし妊娠してからは、夫婦関係が悪くなっていきました。一体何が原因なのかと考えると、発端はこの富士山登山でした。

 

この時から、夫に対して私は文句をちょくちょく口に出すようになった気がします。

 

いやーブログで文章にして、ゆるい絵を添えたら、すっきりするかと思ったのですが、あまり気が晴れませんでした。笑いに変えようとしたのに、できなかったからっす。根深い。思ってたより根深い。