なんとかなかよく暮らしたい

月曜日に真面目な記事・木曜日におちゃらけた記事を更新予定です

大食漢の1歳児と大人二人のいちご狩りで何個食べられるでしょうか

四月が期限の割引券を行使すべく、親・親・子でいちご狩りへ行ってきました🍓f:id:fumikoyamamoto:20180428021147j:plain

元を取れるのか気になってしまう

先日、スーパーで購入したいちごのパックは、321円(税込)で14粒入っていました。

とすると、一粒あたり約23円の計算になります

果物狩りは雰囲気を味わうもので、元を取ることは二の次…というのは建前で、元を取れるかものすごーく気になってしまうのです。

 

大食漢の息子のポテンシャル

ギャル曽根さんの1歳のお子さんが、小さいおにぎりを50個食べるということでいささか物議を醸していた折、私は戦々恐々でした。息子は50個与えたら、食べきるかも知れぬポテンシャルを秘めています。

 

一口おにぎりと言っても、きっとこの位のサイズですよねf:id:fumikoyamamoto:20180428021158j:plain

ワタシは、すしはねを1/4枚にして、ご飯をのせて巻いて、包丁で大体6〜8等分しています。

 

息子はなんでもよく食べますが、イヤイヤし始めたので、途中で飽きて出てしまうことになるかもしれません。どうなりますやら。

 狩場は2タイプありました

朝一が空いているらしいので、9時過ぎに狩りに行ったのですが結構人がいました。割引券を使って、大人は40分で800円です。3歳児以下は無料。

 

狩場は高設ベンチ栽培(溶液栽培)と土耕栽培の2タイプありました。

 

高設ベンチ栽培・・・立ったまま苺を摘める。1歳半の息子でも、楽に手が届く高さ。

土耕栽培・・・地面になっている苺を座って摘む。狭い。だが味がしっかりしている(受付のマダム談)

 

我々は、取りやすい高設ベンチ栽培を選びました。

 

最初は親が取ってあげていましたが、自分でやりたいお年頃でしたf:id:fumikoyamamoto:20180428021155j:plain

結果発表

ワタシ48個(概ね数えていた)

夫30個(自己申告)

息子22個(概ね数えていた)

合計100個(図らずもキリの良い数字に)

息子は、ものすごく食べました。40分飽きることなく食べ続けました。違う種類のいちごを狩りに行こうと促しても、その場で食べ続けたがり、移動を固く拒みました。

 

元を取れたか計算

合計参加費1,600円で、3人で100個食べたので苺1個あたり16円の計算となります

 

16円(いちご狩り)< 23円(スーパーのいちご)

 

 息子が予想以上に食べた(食べ過ぎですね)のと、割引券の効果により、ワタシの計算では元を取ることが出来ました。

 

楽しかったです。そして、行ってみた今なら、雰囲気を楽しめれば元を取れなくても良いという気持ちになれるのでした。

 

息子はものすごく気に入った模様

ここになっている苺を好きなだけ食べていいなんて、なんて幸せなのでしょうか。

 

息子は、帰りにレジ横のパンフレットをさっとつかんで持っていき、家に着いてからもパンフレットの苺を指さし「だーうぃ、だーうぃ(意味は不明)」と叫んでいました。これは来年も行かねばなりません。割引券がなんとか手に入りますように。

 

因みにお土産に苺を2パック購入したのですが、その日のうちに3人で食べきってしまいました。