なんとかなかよく暮らしたい

月曜日に真面目な記事・木曜日におちゃらけた記事を更新予定です

子どもはインフルエンザの予防接種を、かかりつけの小児科でないと打ってもらえないなんて…

先日、1歳になる息子のインフルエンザの予防接種を打ってきました。

 

11月上旬に1回目を打ち、11月末に2回目の予約入れていたのですが、予約の10日ほど前に小児科から「ワクチンが足りなくなったので、予約をキャンセルさせてください」と電話がありました。

 

「12月中旬にはワクチンを入荷予定ですが、確実ではないので、別の病院で打ってもらっても結構です」

 

とのことで、まあ12月まで待って電話すればいいかしらんと思っていたのですが・・・。 

 

f:id:fumikoyamamoto:20171224002951p:plain

 

義父母に、「ハミーちゃん(息子のことです)の2回目のインフルエンザの予防接種は、いつ打つの?」「大きい病院ならワクチンあるよ」と言われ

 

これは待っていたらいけない流れなだなと感じ、ワクチンが残っていそうな病院に慌てて電話をして断られ続け、最終的に市の保健センターに助けを求めた記録です。

 

 

電話1件目「息子を産んだ市内の総合病院」

「子どもへのインフルエンザの予防接種は行っていません」と言われる。

 

大きい病院だし、小児科もあるし、まさか断られると思われず、次の病院を探さねばと焦る。

 

電話2件目「市内の小児科A(内科も併設している)」

自分が併設の内科を受診した時に、「インフルエンザの予防接種はどうですか」と勧められたことがあったので、打てるだろうと思っていました。

 

しかし「かかりつけの方以外は、お断りしております」と言われて、「そうなんですね」と力なく答える。 

 

電話3件目「市内の小児科B」

どの小児科が良いのかわからず、休日当番医表の中から探す。家から近い病院に電話をすると、「かかりつけの方のみとなっています」と断られる。

 

断られるのにも慣れたので、「2回目の予約をキャンセルされて、次いつ打てるかわからないんです」と粘ってみる。

 

しかし、判で押したように「かかりつけの方のみとなっております」と言われる。

 

ようやくここにきて、小児科はかかりつけじゃないと打って貰えないのか?と気付く。

 

電話4件目「市内の内科」

小児科に電話することを諦め、内科へチェンジして電話を掛ける。

 

夫婦で何度かインフルエンザの予防接種を打ちに行っていた病院なのですが、「 子どもの接種はやってないよ」と言われる。もう万策尽きる。

 

電話5件目「市の保健センター」

万策尽きて市の保健センターに電話をする。勢いでかけたけれど、多分無理だろうなと思いつつ

 

「こちらに訊いていいものか分からないのですが、市内の小児科の中で、かかりつけでなくても予防接種を打ってくれるところをご存知でしょうか」と言ってみる。

 

保健センターの人には「ワクチンについて、病院個別の把握はしておりません」と返されて、「そうですよね」と力なく答える。

 

私がうわの空で相槌を打っていることに、相手の人は気づいているだろうかと思いながら、「ワクチンの製造が例年より1ヶ月遅れていまして、今品薄状態でウンタラカンタラ」という保健センターの人の説明を聞く。

 

結局かかりつけ医で2回目も打ってもらった

結局12月に入って、かかりつけ医に電話をして無事に2回目も接種できたのですが、今後も子育てに関して、こんなから回りがたくさんあるんだろうな。

 

行きつけの美容院で、今ワクチン不足で大変なんですよと話したところ

 

「俺インフルエンザの予防接種なんて打った事ないよ」

「風邪ひいても薬なんて飲まないよ」

「みんな薬の力で治ってると思ってるけど、違うからね」

「飯をたくさん食って寝るしかないよ」

 

という有難き御言葉を美容師さんから頂きました。しかしですね「飯食って / 治るを待てない /現代人」なんですよね。