なんとかなかよく暮らしたい

駆け出しWEBライターの妻と、1年間育休を取得した夫と、大食漢の息子のリアルをイラストで記録しています

夫の育休取得に義両親は反対!妻はどう立ち回ればよかったのかしら

平成29年10月から、育児休業の延長期間が半年→1年間にのびましたね。最長2年取得できるようになりました。

 

f:id:fumikoyamamoto:20180224230703j:plain

それに対して夫は、「俺もできる限り長く取りたかったわ〜」と述べていました。(保育園の入園選考に漏れたなどの理由がないと延長できないから、どのみちウチは無理ですよ)

 

そんな夫は、息子が生まれた時に1年間育児休業を取得しました。

 

実家を愛し実家に愛される夫

夫の実家は、家族仲がとても良いです。義両親は夫を大事に思っていますし、逆もまた然りです。しょっちゅういろんな事を相談・報告しあっています(放任主義のうちの実家とは大違いだなあ)。

 

義両親は、善い人たちです。嫁に意地悪な態度を取ることもないです。嫁としては、夫を支えて夫に多大な迷惑を掛けない限り、義父母に嫌われないと思っています。打算的でしょうか( ˙-˙ )

 

私がそう考えるのは、義両親は私にそんなに関心がないと思っているからです。夫がメインディッシュで、嫁の私は付け合わせのマカロニサラダみたいな。

 

とにかく、夫がちゃんと幸せそうに生きていれば、彼らは満足なんだろうと思っています。(親ってそういうものなのでしょうか)

 

夫の育休取得に対する妻の気持ち

夫が育休を取ると宣言した時、家計の事はもちろん心配でした。育休中は、育児休業給付金が貰えますが、お給料の満額分出るわけじゃないので。

 

参考までに、男性が育休を1年間取得した場合に貰える育児休業給付金

最初の6か月間・・・お給料の67%  

残りの6か月間・・・お給料の50%

女性の場合、産後休暇があるので給付期間は10か月(1年-8週間)です。男性の場合は、産後休暇がないので、給付期間は育休期間いっぱいの12か月となります。

 

毎月貰える金額が、これだけ減ってしまうと、生活費のやり繰りは、厳しくなりますよね(..)

f:id:fumikoyamamoto:20180224230659j:plain

でも夫の育休取得に特に反対しませんでした。相談ではなく(育休取りますから)という報告だったので、今更何を言ってもという感じだったからです。

 

義両親は夫の育休取得に否定的

 義父母は、夫の育休取得に反対でした。理由は、夫のキャリアが心配だからです。そして、男性が育休を取ることで、職場から白い目で見られることを危惧していたからです。

 

夫が義実家で「俺、育休取るから」と宣言した時、義両親は「えーっ」となりました。でも夫はどこ吹く風です。私も同席していたのですが、この気まずい空気を打開せねばと、取り敢えず発言してみました。

 

私:「私も大丈夫なのか心配なんですけど、私の意見なんて聞かないんですよ」

(自虐を交えつつ私も心配ですよと伝える)

 義母:「そうなのよ、この人頑固だから言っても聞かないのよ。困るわぁ」

 (あ、セーフ?よかった)

 

義父母に同調する嫁

f:id:fumikoyamamoto:20180224230656p:plain

※これが太鼓持ちというやつか

 

夫には悪いけれど、やんわり3対1に持っていくことに成功しました。

 

夫は別に、私が夫の味方をしようが義両親の味方をしようがどっちでもよかったそうです。何人束になって反対されても、育休を取る気を変えないとのことなので

 

妻としては、それを聞いてなんとも言えない気持ちになったのですが。

 

男は外で働いて女は家を守るという考え

義両親は、1年という取得期間も長すぎると思っているようでした。義父は、「そんなに長く休んで、二人で子どもの面倒をみなくたっていいじゃない。」と言いました。

 

男が稼いで女は家を守るという考えをお持ちのようです。でも、親として息子のキャリアが心配になる気持ちも分かります。

 

義父には「奥さんが育休を取らずに働いて、旦那さんが育休を取るというケースなら分かるけれど」とも言われました。

 

この点については、私も義父と同じことを思いました。別にやましいことなど何もないはずですが、夫に1年間育児を手伝ってもらうことは「贅沢」なのかもしれないと、少々肩身が狭かったです。

 

でも義両親は、夫が一度決めたことを覆えさないと分かっているので、それ以上強くは言いませんでした。

 

ただし、育休取得にあたって条件を出されました。

 

親戚には、育休取得を黙っているという条件

 義父母が出した条件は、親戚に夫が育児休業を取ることを言わないでくれということです。もともと夫は、積極的に言うつもりもなかったので、その条件はのまれました。

 

私:なんでお義父さんとお義母さんは、親戚に黙っていて欲しいんだろう?

夫:さあ?親戚に、余計な心配掛けたくないんじゃない?

私:男が育休取るなんて!って言われたくないからじゃないの?

夫:ああ、それもあるかもね。

 

夫は、家族になんと言われようと、親戚になんと言われようと、別にどうでもいいじゃんという感じでした。

 

チキンハートな私は、こんな時夫の事が羨ましくなります。

 

2人目の子供の時も育休を取るつもりの夫

もし二人目の子供が出来たら、夫は再び育休を取るつもりでいます。しかし、そうなると義両親は一人目の子供の時以上に強固に反対するでしょう。私も、お金・会社での夫の立場などが物凄く心配です。

 

3対1です。義父母・嫁 VS 夫です。でも、夫は多分そんなこと気にしないで育休を取るのでしょう。

 

夫が2人目の育休を取った場合の私の未来予想図は、金銭面では今のウェブライターの仕事だけでは追っつかないので、在宅仕事を増やすか再び外で働く必要に迫られるはずです。

 

もし2人目が出来たら・・・ということについてはよく考えています。シミュレーション通りにいかないのが人生ですが、ない頭で色々な場合を考えています。

 

子どもができてから、悩んだり考えたりすることばかりですね。大して頭を使って生きてこなかった自分にとっては、いささかハードでございます。

 

こちらもどうぞ↓。夫が会社へ育休取得希望を打ち明けた編です。

 

fumikoyamamoto.hatenablog.jp