なんとかなかよく暮らしたい

駆け出しWEBライターの妻と、1年間育休を取得した夫と、大食漢の息子のリアルをイラストで記録しています

絵本『ばばばあちゃん』のばばを取って「ばあちゃん」と読み聞かせる夫

絵本『ばばばあちゃん』シリーズをお読みになったことはありますか?

 

福音館書店から出ている、ユーモラスなおばあさん「ばばばあちゃん」を主人公とした、シリーズものの絵本です。

 

私が子供の頃は、おばあさんの絵本と言えば『かぎばあさん』でした。

同級生の鍵っ子たちの間でも、この絵本は人気でした。

 

今はばばばあちゃんも人気なのですね~

 (と思ったのですが、ばばばあちゃんの第1作は30年前に出版されていました。昔からあったのですね)

 

うちには母から貰った『ばばばあちゃんのなんでもお好み焼き』があります。

 

裏表紙にさとうわきこさんのサインが入っているのですが、息子に鉛筆で落書きされてしまいました (o_o)

 

f:id:fumikoyamamoto:20180222150005j:plain

さとうわきこさんのサイン

消しゴムで消したけれど、跡はばっちり残ってます・・・。

 

対象年齢は4歳からなのですが、始終食べ物が出てくるので、食い意地の張った1歳の息子でも楽しめる一冊です。

 

特に、あつあつのお好み焼きを食べた時の「あちあちっ」というセリフがお気に入りで、「あっちっ」と真似するようになりました。

繰り返し絵本を読んで欲しがる息子

息子は、読んで欲しい本があると本棚から引っ張り出してきます。

 

「ん」と言って、差し出してくるので親は「あ、わかりました」と膝に乗せて読んであげます。

 

これが、2回や3回なら力を込めて読めるのですが、多い時は10回以上繰り返し読んでもまだ読めとせがまれます。

 

「ちょっとこの辺で・・・」と飲み会を抜け出す部下のように、弱々しく逃げようとするとわーっと泣かれてしまいます。

 

折角息子が本を読んでくれと言っているのに、応えられない自分に罪悪感を覚えます。

 

でも、満足するまで付き合ってたら何回読むことになるんだろうか。

 

息子が3ヶ月位の時に、いないばあで笑ってくれるようになりました。

 

何回やっても笑ってくれるので、笑わなくなるまでやり続けたら、70回やるはめになりました。自分のてのひらの匂いをかぎ続けるのもしんどかったです。

 

息子は、気に入ったものを繰り返しせがむ傾向にあります。親としては根気よく付き合わないとと思っているけれど、なかなか難しいです。

 

・・・・・・お見苦しい言い訳をしてしまいました。

 

私よりも夫に読んで貰いたがる息子

夫が家にいる時は、息子は私ではなく夫に絵本を「読んでくれ」とせがみます。

 

「俺の方が、読むの上手いからね♪」という夫に(なんやて)とイラッとします。

 

でも確かに、私は読み聞かせの5回目あたりから声に力がなくなってくるのです。

 

息子も、「母さん、途中からやる気なくなってくるしな」と思っているから、夫に読んでもらいたがるのかもしれません。

 

私はもう見切られてるのでしょうか(._.)

 

気を遣ってばばばあちゃんをばあちゃんと言う夫

 

いつものように、夫が息子にせがまれて読み聞かせを始めたのですが、

 

「ばあちゃんのなんでもお好み焼き〜」

 

と言うので、台所から思わず振り返ってしまいました。

 

私:今、ばあちゃんって言った?

夫:言ったよ

私:なんで?ばばがないよ?

夫:だって・・・よそのおばあさんに、「ばばばあちゃん」って言ったら困るじゃん

 

これは、アレか。浅草キッドの玉ちゃんを、教育的配慮で知恵袋賢太郎にしたやつと同じか。

 

(ちょっと違うか)

 

別にばばばあちゃんって言ったっていいじゃん。そういう絵本があるんです〜って言えばいいだけだし。

 

↑これは心の中の声で、夫には言ってません。

 

「子どもは、物語と現実をちゃんと理解してると思うよ。ばばばあちゃんが、世間一般のおばあさんの名称だなんて、思わないよ」

 

↑これは、夫に言ったことです。

 

しかし、今度は夫が「うーん」となりました。あまり納得していないようでした。

 

息子はちゃんと分かっていると思う

このブログを書いている途中、ばばばあちゃんと呟くと、息子は本棚から『ばばばあちゃん』の本を持ってきました。(そしてもれなく読み聞かせをせがまれました)

 

息子の中では

 

おばあさんの総称≠ばばばあちゃん

 

ばばばあちゃんは絵本の中のユーモラスな登場人物

 

という風に、ちゃんとわかっているんじゃないかなと思います。

 

でも、私は上手く説明できず、夫にはイマイチ納得してもらえませんでした。

 

じゃあ、かぎばあさんを読み聞かせたら、道を歩いてるおばあさんをかぎばあさんと呼ぶようになるのかい?などと考えたのですが、喧嘩になりそうなので言いませんでした。

 

絵本は、変に言い換えをしたりせず、そのまま読んでいいと思うんですけどね。

どういう風に、伝えればよかったんでしょうかねえ。