なんとかなかよく暮らしたい

駆け出しWEBライターの妻と、1年間育休を取得した夫と、大食漢の息子のリアルをイラストで記録しています

同人活動で潤っている友人に、自分にも出来そうな副業のヒントを聞いてみました。

大学時代のサークルの同期で集まりました。 

そこには、相変わらず懐の暖かそうな顔をした男性がいたのですよ。

 

話の都合上名前があった方がわかりやすいので、仮にハマワタリ君とします。

 

同人活動家の友人の華麗な経歴 

 

ハマワタリ君は、高校時代に同人誌を作り始め

大学時代には7桁の収益を叩き出し

就職面接で「同人漫画を描いてます」と言って面接官の心を掴み

某国内有名企業に入社し

生ぬるい環境に激怒し

外資有名企業に転職をし

今も仕事以上の熱心さで同人活動をしている

 

という公私共にホットな男です。

 

羨ましい。

 

ハマワタリ君は理系男子で本当はもっと別の、例えばイチョウのマークの大学に行きたかったんではないかと推察されます。

 

私と、私のサークルの友人モモヤマさん(仮名)とハマワタリ君は、住んでいたアパートが近かったので、当時3人でよく宅飲みをしていました。

 

大学時代、友人宅へ行くとちょくちょく新しい立派な家電が増えている。

f:id:fumikoyamamoto:20180102134216p:plain

 

大学時代、お酒を飲んで酔っ払ったハマワタリ君は、高校の同窓会で同級生たちに

 

「お前、すっかりしょぼくれちまったな」

「もっと大物になると思ってたのに」

 

と言われたと、淋しそうに呟いていました。

 でも今のハマワタリ君は、彼の高校の同級生たちの中でも、群を抜いてユニークな人生を送っている方なのではないかと思います。

 

羨ましい。

 

我々が就職活動をしていた時は、売り手市場だったのですが、

 

・ 文系

・資格なし

・成績普通

・留学経験なし

・コミュニケーション能力付け焼き刃

 

の私は、全然就職先が決まりませんでした。あの時はお先真っ暗でしたが、私の本から得た偽りの対人応対力は、面接官に見抜かれていたのですね。

 

 同じく文系ど真ん中のモモヤマさんも就職がなかなか決まらなかったので、ハマワタリ君に

 

「私たち3人で漫画を描こうよ〜、真面目に働くから。」

 

と懇願してみました。

当然、さっさと就職先が決まったハマワタリ君にその願いは一蹴されました。

 

同人活動の何たるかも知らず、そもそも漫画を描いたことすらない癖に、よくもそんな事が言えましたねと、今では恥じらいをおぼえています。

 

同人活動で、収益は得られるのか?

 私の周りで同人活動をしている人はハマワタリ君以外いません。

だから彼の様子を見ていて、儲かるんだなァという印象を持っていました。

 

しかし実際は、黒字の場合の方が少ないのですね。

 

コミックマーケット35周年記念アンケートによれば、5万円以下の黒字もしくは赤字の出展者が全体の8割を占める。

叶姉妹も入れ込む「コミケ」の甘くない真実 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

 

3日間で55万人が訪れるコミックマーケットに出店する同人サークル(作家のブース。1~2人の単位)は3万5千。 

しかし、このうち、年間20万円以上の黒字サークルは1割に過ぎない。6割は赤字で会場を後にしているのだ。

同人誌は稼げるのか?赤字、黒字の割合は コミケ準備会を直撃 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 

自分の腕一本や能力でお金を稼いでいる人たちは、自分で判断して責任やリスクを背負ってらっしゃいます。

自分にはそんな気概が全く足りていません。

 

潤う友人からのアドバイス

 

私は、最近ブログに載せるための絵を描き始めました。

 

2018年2作目

f:id:fumikoyamamoto:20180101003754p:plain

※2018年1作目よりも似顔絵としての本人認証度は上がった気がします。

Twitterにも載せたのですが、1作目に比して見て下さる方は微増しました。

 

 しかし、これは対価が支払われるような立派なものではありません。

 

そして自分はハマワタリ君の様に、人様に買って貰える漫画を描くこともできません。

 

私にさしたる技能がないということを踏まえてもらった上でのハマワタリ君のアドバイスは、

 

「コアなファンのいるアニメの登場人物が付けているアクセサリーを、オマージュしたもの作ればいい。激烈なファンなら喜んで買ってくれる」

 

 という事でした。できない理由ばかり浮かんできます。

 

・アニメの知識が乏しい。

・最後に自分が熱狂して見たアニメはガジェット警部。コアなファンはいるのか?

・アクセサリー制作の技能がない。

・よしんば作れたとしても、量産する体制が整わない。

 

そもそも、オマージュがどの程度のものか疑問なのですが、

 

 「全く同じものを作るのはもちろん駄目。オリジナルを昇華させて、誰も何も傷つけないものを作ればよい」

 

 「個人でやるにはニッチを狙うしかない」

 

と、言い切られました。

(もしかしたら、こういう事をすでにやられている方がいるのでしょうか)

 

しかし、せっかくのアドバイスをなんとか生かしたいものです。

換骨奪胎。自分なりに以下の様に考えてみました。

 

・アニメは見ないけれど小説はよく読む。

・ならば小説に出て来る魅力的な小物を作ればよい。

・その小物は自分でも作れそうなものでなければならない。

 

【結論】

村上春樹氏の小説騎士団長殺しに出てくる

ドーナッツ・ショップのノベルティで貰ったペンギンのストラップ

 を作るのはどうだろうかと。

 

しかし、私にとって村上作品は思い入れがありすぎるため、自分のために作って個人的に楽しむことしか出来なさそうです。

 プラ板も買いましたよ!(プラ板で作ろうと思っているのです)

 

いつの日か作成したら、ブログに載せたいと思います。

 

せっかく金言を頂いたのに、ハマワタリ君申し訳ありません。

でも、自分に出来そうなことから、しぶとくコツコツやろうと思います。

掛けた労力の分報われるかは神のみぞ知るですが。