占いの相性がちょっと悪いけれどなんとか仲良く暮らしたい

WEBライターの妻と1年間育休を取得した節約マニアの夫と大食漢の息子のリアルをイラストで記録

何故家電は揃って年末に壊れるのか/エコリカ(リサイクルインク)使ってみました

 息絶えるまでは使い続けよという夫の信条

 

 嫌な予感はしていたんです

 

・年賀状の印刷をしている途中にプリンターの電源が入らなくなる

 ・備え付けのエアコンから暖風が出なくなる

・電子レンジの下から処理しきれない水蒸気が水となって漏れる

・息子にドライヤーを床に叩きつけられて、ヘッドが外れ熱風が出る部分が剥き出し

iPhoneの充電器が息子の唾液で水没(半年ぶり5回目)

 

最後の二つは経年劣化ではなく自己責任なのですが。

 

山本家の家電の内約半数が、私or夫が学生時代に購入した勤続年数10年超の古株です。

 

減価償却的には資産価値なしとみなされそうな家電たちですが、

 

ものを捨てる時は、それがどう頑張っても使えなくなった時

 

という夫の固い信条に基づき

 

「ちょっとデザインが古めかしくなってきた」

「最新の機能のものが欲しい」

という理由では、買い替えは行われないのです。

 

(おそらく、主張すれば買い替えてくれるのですが、夫の心にわだかまりが残りそうなので主張は見送られます)

  

エコリカ使ってみました

プリンターが壊れた経緯

 

写真付き年賀状を試し刷りすると、色が悪い。新年からあまりにも暗い色の年賀状を送るのは縁起も悪い。

なんとかしようと色のグラデーションなどをいじっているうちに、突如プリンターの電源が入らなくなる。

 

カメラのキタムラかプリンターインクを新しく買うか

 

プリンターが壊れてしまったので、夫の実家にあった、15年前に購入されたプリンターEPSON PM-A890をもらう。(勿論、新しいものを買おうという発想は無し)

 

しかし、黒以外のインクは全て切れていました。(長い間未使用だったから、蒸発してしまったんですかね)

 

プリンターを使うのは年賀状作成の際か、たまに息子の良いショットが撮れたら親にあげるためにプリントアウトする時位です。

 

滅多に使わないのに、インクに高いお金を払うのもどうだろう。カメラのキタムラに頼もうかしらと思ったのですが、夫は

「新年に年賀状が届いてから返事を書く」

というスタンスのため枚数が読めないので、印刷を頼んだ分より多く年賀状が来たら新年から奔走する羽目になります。

カメラのキタムラに頼むのはやめました。 

 

もしカメラのキタムラに頼んでいた場合は、仮に年賀状を20枚とすると

 

持ち込みのデータの印刷なので

 

基本料金1,080円+1枚あたり54円×20枚

=2,160円(税込)

 

になる計算です。思っていたよりも安いのかしら?という印象です。

 

 純正インクか非純正インクか

 

電動シェーバーが替え刃で儲けているように、プリンターも替えのインクで儲けているんだよ

 

という夫の言葉を受けて、純正インクではなく廉価な非純正インクを買おうかと思ったのですが、

「インクは純正を使いましょう」

という刷り込みが強い私は、非純正の「非」というワードが何か信用ならない(互換性インクともいうのですが)と感じ、本当に大丈夫なのか確認してから買うことにしました。

   

matome.naver.jp

 

調べた結果、

・純正インク代二回分でプリンター本体が買える

・ 非純正インクは、インク漏れするとの報告がある

・長い目で見れば純正インクの方がお得

 

 ということらしく、インク漏れが怖いので非純正は諦めました。

 

私はEPSONの6色セットのインクを求めて家電量販店へ行ったのですが、

非純正インク約3,000円に対して、純正インクは約7,500円でした。 

その売り場で一番推されていたのが、エコリカでした。

f:id:fumikoyamamoto:20171228231127p:plain

ロゴマークは概ねこんな感じです。

 

小型液晶モニターには徳光さんのCMが流れ、他社の非純正インクとエコリカの耐久テストの映像が流れ、

エコリカは、圧が掛かってもインクが漏れない

 ことが強調されていました。

 

エコリカのインクの値段は4,505円(税込)

(カメラのキタムラで頼んだ場合の2倍強ですね)

価格に性能が比例するのであれば、非純正インクと純正インクの間くらいなのでしょうか。買って帰りました。

 

 エコリカを使ってみて

 

ヘッドクリーニング

同封の「必ずお読みください」にはインクが出ない時は目詰まりしているので、ヘッドクリーニングを2、3回行うよう書いてありました。

 

貰ったプリンターは純正インクしか使っていなかったそうですが、未使用期間が長かったため、ヘッドクリーニングをしました。

 

インク交換後にヘッドクリーニングをして、ノズルチェックで目詰まりを確かめたのですが、3回目にようやくきれいになりました。

 

1回目のヘッドクリーニング後のノズルチェック

f:id:fumikoyamamoto:20171228231341j:plain

線が途切れている箇所がありました。

これでは正常な印刷ができないので、再度ヘッドクリーニングを行います。 

 

 3回目のヘッドクリーニング後のノズルチェック

f:id:fumikoyamamoto:20171228231123j:plain

印刷された線が全てつながっています。よかった。

 

 心配なのは、今後エコリカを使用していく中で、どの程度目詰まりが起こるのかです。ヘッドクリーニングで直る程度ならばよいのですが。

 

印刷の仕上がり

おおよそプレビューの通りに印刷されました。

前のプリンターで試し刷りした際にゾンビのようだった我々家族の写真も、ちゃんと人間らしい顔色で印刷されてきました。

 インクが漏れている様子もありません。

 

今後もエコリカを使うのか

2018年度末に年賀状を作るときに、何も問題なく印刷されれば、エコリカへの信頼度は上がるので、使い続けたいと思います。

 

夫へエコリカを買ったと伝えると、「職場でもエコリカを使ってる。特に問題なく使えてるよ」と言われました。

(何故インクを買いに行く前に教えてくれなかったんだろう)

 

もう戻れないけれど、年賀状をプリントゴッコで作っていた時代が懐かしいです。